photo

photo

匿名にメリット無し

私のブログは検証と考察を基本にしており、まずは自分の目で確かめる事を信条として、どんな懐疑的な論争に巻き込まれても、答える事が出来る様、自己の経験した事だけを書いているので、不明な事には触れず、当て推量や憶測などは書かない事にしてます。
photo

川崎大師 亡くなった猫

今日、ブログの読者さんから川崎大師に居た猫が亡くなったと言う情報を頂きました。 その猫は、私が2014年6月から馴染みのある、良く知っていた猫だったので、亡くなった訃報を聞いた時は残念な思いでした。その猫の写真を見たいと言うリクエスト...
photo

退院一週間後のせい子

退院後姿を現さない日が数日有りましたが、今日はちゅーる二本とカリカリを少しばかり食べて、回復基調の兆しが見え始めました。 台風19号後、動画がメインに成っておりましたが、初心に戻り写真を掲載したいと思います。
photo

猫巡礼 護国寺から鬼子母神へ

以前、鬼子母神は仕事で通過しただけで、奇妙な名前の寺院として、心の片隅に残像印象として残って、朧気ながら脳裏にとじ込まれ忘却寸前の処でした。今思ふと、真夏の暑さで脳ミソが逝かれ、半場、夢遊病者の如く彷徨ていたに違いありません。
photo

夜の新宿の猫達

野良猫の世話をしてるのは、地元の有志でグループ活動をしているのが大半なのに、9年間一人で保護活動していると聞いて恐れいった。私もこれから「出来るだけこの場所に来る」と云って立ち去った。
photo

江の島の猫達 2019年夏

多くの人々が江島神社に向かうのと裏腹に、モースの臨海研究施設跡を訪れて見ました。この場所は観光地として認知されていないので、夏の休日にも拘わらずヒトは疎らで、猫にも居心地が良さそうな雰囲気でした。
photo

大師駅前一丁目の猫達

そうした環境は、古くから在る下町の雰囲気に似て、猫が住みやすくなってます。只最近、古い建物が新しい建物に代わっているので、猫の棲む環境が少なくなっている状況です。
photo

浜川崎駅周辺の猫達

徒歩で浜川崎駅から池上町に向かい、桜堀緑地、川崎港郵便局を抜け、桜川公園で今回の猫探しを終えました。意外だったのは、浅野駅で猫を見かけ無かった事です。逆に池上町公園で多くの野良猫さんを見かけました。
photo

谷中と日暮里の猫達

5年前までは谷中付近で良く猫をみかけましたが、最近は、以前程見かけ無い様になりました。その代わり、猫関連のお店が谷中に沢山あり、本物の猫がいなくても私は十分満足出来ました。
photo

三崎口駅前と城ヶ島公園の猫達

日の出後、安房崎灯台から第一駐車場に向かい、そこで猫さんを撮影しながら、バスの出発時刻まで時間を潰しました。安房崎灯台付近も釣り人やビーチパーティをしてる団体が居たので、馬の背洞門付近と同様、それなりに人は多かったです
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました