三毛猫

三毛猫

川崎大師公園の三毛猫2匹

私が最初にしろに出会ったは、当時10才5年前の夏で、その当時から今現在までに、そんなに容姿の老けは感じません。猫15歳で人間に換算すると、76歳になるそうです。
三毛猫

ちどり公園 かつて野良猫王国だった猫島

ちどり公園のトイレに「野良猫に餌を与え無いで下さい」と貼り紙が在りましたが、今年の五月、私が訪れた時にはボランティア活動の貼り紙は在りませんでした。現在は昔から在った木造のシェルターのみで、かつてはその周辺に必ず10匹前後猫達が居たのですが、今現在殆ど猫達を見かけません。
三毛猫

瀋秀園の三毛猫

この三毛猫さんも例に漏れず雌でした。三毛猫さんを見ると、必ず雄か雌かを確認しますが、雄の三毛猫さんの誕生の確立は3万分の1、ほぼ宝くじに当たる様な確率。三毛猫さんの雄に出会えばその希少性から、高額な宝くじに当たった様な物。昔は三毛猫さんの雄に出会えば縁起が良いとされて居た様です。
三毛猫

猫ノミ治療

先月5月日暮里で野良猫を撮影した時、ノミに刺されて一ヶ月以上症状が回復しないので、皮膚科に受診を受けました。川崎区内では、20以上皮膚科が在りますが、近所で以前受診した皮膚科は以下の通り。
キジトラ

新宿裏通りのノラ猫達

新宿アイランドタワーのLOVEのオブジェを見て、自分も撮影したい衝動に駆られた。機能美を優先した近代建築物が多い中で、新宿アイランドタワー周囲は路上ミュージアムの様相を呈して居た。この時、無味乾燥な新宿高層ビル群のイメージが変わった。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました