【多摩川猫・きく、サルファ剤投与初日】半年かかって、心を開いた白猫【オッドアイ健太・保護白紙に】

6日午前中に獣医サンに出向き、26:05 「きく」の写真を見て貰い、治療とカラー着用で入院をお願いしましたが、大きなケージを所有して無く、院内治療はお断りされました。代替的治療として、サルファ剤とエリコリ眼軟膏(目薬をペースト状にした抗菌作用がある薬剤)を処方されました。
昨日、傷口の洗浄を行ったので、「きく」は私のサルファ剤入りちゅーるを食べたものの、軟膏を塗布する事が出来ませんでした。以前の洗浄後も3日程、私を警戒したので、軟膏塗布の時間が掛かると予想されます。

03:50 せい子、ご支援のご飯をたべる
15:30 ミクタンとはなお
18:23 広子
21:24 ちろ、私になつく
26:05 きく、サルファ剤投与 エリコリ眼軟膏は塗布できず
32:52 くろお 睦美
38:17 小雪
43:45 楓 翠 寅雄 ローラ
46:15 半年かかって、心を開いた白猫
51:48 茶白 グレー 春花 健太 おチビサン
54:43 オッドアイ健太・保護白紙に
57:13 ご支援の物資有難う御座います。

コメント 長文はご遠慮下さい

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました