多摩川土手の野良猫達 2019 10月26日

【流された猫小屋の住人】台風19号が暴いた多摩川飲酒愛猫家の正体【イジメ疑惑】

このストーリーは私が多摩川で実際に体験した実話であり、ヤラセでは無い事が私の一連の動画で確認出来ると思います。

正直、こう言った醜聞に近い動画を公表する事自体憚れるのですが、愛猫家を装い純粋無垢な老人から金品を騙し取る輩は白日の下に晒すのは私の使命デス。

餌やり叔父さんに、流された猫小屋の住人は’ほい’が逃げるのを看破され、私は不自然に思い次の日も’ほい’を尋ねに多摩川に向かいました。表面上’ほい’を可愛がり、ヒトの見て無い場所では、’ほい’に暴言や虐待をした形跡が窺い知れます。私や自転車が’ほい’に近づいても逃げないのに、住人が近づくと逃げるのは、単なる’ほい’の習性とは看過出来ないモノが有ります。動画の言動からでも、飲酒の状態からでも蓋然性は排除出来ないと思われます。

幸い、流された猫小屋の住人は翁と私から資金源を停止されて、携帯電話も全てブラックリストになっております。信用もお金も無い状態なので、自然消滅も時間の問題かと思われます。目も相当悪いので、多摩川で出会って近くに寄らない限り、私の存在に気付かないでしょう。

当サイトでは、野良猫に餌やりを推奨するものではありません
猫の遺棄・虐待は刑法に触れます

コメント 長文はご遠慮下さい

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました