多摩川 猫 2019 9月28日

当サイトでは、野良猫に餌やりを推奨するものではありません

減らぬ置き餌

相変わらず多摩川と、ウチの近所では野良猫に置き餌をする困ったヒトが多いです。
置き餌をする人間の特徴としては・・・

※やもめ暮らしのババアかオッサンで、人間社会で孤立した自己中心的な理性に欠陥の在る人物。
人間社会では多少自身の劣等感(容貌が醜い)を自覚して居るらしく、少しでも下位の生物に優越感を誇示したいらしく、犬猫に対して常に命令口調で威圧的。

なので、動物達に食料を差し与える(儀式的には供物を奉げる)では無く、自己の優越感から呉れやると云う行為と何ら変わりは無い。では無ければどうして地面に直接餌を置き、食べ残しを片付けもせず、立ち去る事が出来るのだろうか?こうした行為を取る人間は大概、理性どころか気概も勇気も空っぽのゾンビみたいな存在なので、退治は容易だが、なにせ数か多いので、シラミ潰しに行うと自分自身が疲れ、余計なエネルギーを消耗するので、悪質なケースを除き放置が一番だし、どうせ一時的思い付きの行為なので、時が経てば飽きて辞めてしまうモノで、逆に長期に置き餌をして居れば、いづれは改心又は、自己学習機能(レアケース)が働き、真っ当な餌やりを始める確率も軽微ながら、期待出来るかもしれない。いずれにしても、置き餌を行う人間は、野良猫以上に哀れで悲惨な人生を、送って居るに違いは無いであろう。

猫の遺棄・虐待は刑法に触れます

コメント 長文はご遠慮下さい

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました