多摩川 猫 2019 9月17日

勤労意欲を見せ始めたホームレス

翁が多摩川に姿を見せなくなって三日が過ぎ、ホームレスの男性の、猫の餌が切れ始めた。
私は自分の範囲の猫の餌しか持ち合わせを持っていなかったので、ホームレスの猫に給餌は出来なかった。ホームレスは私の給餌の行動が判って居たらしく、猫の餌を私に「餌をクレ」とは言えなかった様子だった。翁がホームレスに猫の餌を支給してたのは、いなばのチャオ缶で、私の餌は”よかろうもん”だったので、その違いで猫の好みが異なって居たのかもしれない。なので、私の餌には期待して居なったと思われた。が、突然、急に「オレも猫に旨い餌を食べさせたい」と切り返した。ホームレスの男性は以前、建築現場で職人をしていたらしく「体が良く成れば仕事に戻りたい」と私に漏らしていた。最近も仕事を探しに面接に行ったが、尽く断れたそうだ。原因は身なりや住所不定では無く、連絡先の携帯電話やスマートフォンが無いからとの事で、にべもなく、はなっから断れたみたいだ。雇用主から見れば、仕事上の連絡を取れない電話を持っていなければ、当然採用はしない方針は当然と云えば当然。私はホームレスの男性に、携帯の名義を翁に借りればとサラリと云ってみたが、普段、翁に世話になりこれ以上は迷惑をかけたく無い様子だった。そうなると、頼れる人間は私以外には存在しないので、さ~、どうなる事やら・・・?

コメント 長文はご遠慮下さい

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました