ちどり公園 かつて野良猫王国だった猫島

川崎港の埋め立て地

15年以上前、私がまだ東扇島でトラックのドライバーをしてた時、配送の帰り道にちどり公園で休憩しながらよく野良猫を見かけました。今年数回訪れてますが、猫の目撃は2匹だけです。
タイトルに猫島と書きましたが、正確には人工の埋め立て地で、島全体を千鳥町と呼ばれて居ます。千鳥町はSNSやブログでよく工場萌えとかと云って、工場の夜景で有名です。私も2度だけ神奈川臨海鉄道の千鳥町付近を撮影した事があります。場所が湾岸線の東扇島の出入口に近いとあって、週末はカメラ持った人をよく見かけました。

ボランティア活動停止か?

ちどり公園のトイレに「野良猫に餌を与え無いで下さい」と貼り紙が在りましたが、今年の五月、私が訪れた時にはボランティア活動の貼り紙は在りませんでした。現在は昔から在った木造のシェルターのみで、かつてはその周辺に必ず10匹前後猫達が居たのですが、今現在殆ど猫達を見かけません。公園の目立たない隅にも、段ボールで出来た、猫ハウスも見かけませんでした。猫自体移動する習性もあるので、餌を与える人間が来なくなったのを見計らって、橋を渡り別の棲み家に移動したか、誰かしらが大勢の猫達を引き取ったか、私には知る由も在りません。

この情報は2019年5月1日現在のものです
猫の遺棄は刑法に触れます

コメント 長文はご遠慮下さい

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました