2019-07

保護活動

本牧の猫達

磯子が地域猫の、発祥の地だそうです。正直、地域猫って云う言葉自体語呂が悪いので、世間一般で普及して無いです。私も猫好きにも拘わらず、地域猫って云う造語に、違和感に加えて欺瞞すら感じます。
キジトラ

川崎駅東口の猫達

銀柳街の脇道は古い雑居ビルが残っていて、その辺りで猫が活動している様です。飲食店は野良猫を嫌うので、猫にとって居心地は悪そうでした。
三毛猫

川崎大師公園の三毛猫2匹

私が最初にしろに出会ったは、当時10才5年前の夏で、その当時から今現在までに、そんなに容姿の老けは感じません。猫15歳で人間に換算すると、76歳になるそうです。
キジトラ

川崎大師公園のおチビさん

体が成長してからは、動物の縄張り意識の本能が芽生えた様子で、逆に他の先住猫を威嚇してます。生後一ヶ月から一年位が、猫の好奇心と活動が盛んな時期で、人間に喩えればイタズラッ子に近いです。
photo

大師駅前一丁目の猫達

そうした環境は、古くから在る下町の雰囲気に似て、猫が住みやすくなってます。只最近、古い建物が新しい建物に代わっているので、猫の棲む環境が少なくなっている状況です。
photo

浜川崎駅周辺の猫達

徒歩で浜川崎駅から池上町に向かい、桜堀緑地、川崎港郵便局を抜け、桜川公園で今回の猫探しを終えました。意外だったのは、浅野駅で猫を見かけ無かった事です。逆に池上町公園で多くの野良猫さんを見かけました。
photo

谷中と日暮里の猫達

5年前までは谷中付近で良く猫をみかけましたが、最近は、以前程見かけ無い様になりました。その代わり、猫関連のお店が谷中に沢山あり、本物の猫がいなくても私は十分満足出来ました。
photo

三崎口駅前と城ヶ島公園の猫達

日の出後、安房崎灯台から第一駐車場に向かい、そこで猫さんを撮影しながら、バスの出発時刻まで時間を潰しました。安房崎灯台付近も釣り人やビーチパーティをしてる団体が居たので、馬の背洞門付近と同様、それなりに人は多かったです
白黒猫

野毛山動物園の猫

ブチ猫さんは高い場所で、動物園の動物を観察してるのでは無く、そこに訪れてた人間を観察してる様子で、私もブチ猫さんの監視下にある気持ちになりました。
保護活動

戸田と赤羽自然観察公園の猫達

しばらく公園内を廻り、公園入口に戻ると猫の世話をしてる方と出会いました。猫の世話をしてる人曰く「近所の子供が猫に悪戯すので、猫が人間に警戒してる」との事です。
白黒猫

柳森神社の猫 秋葉原

猫さんは、耳カットされた地域猫で神社に住みついて、神社の方が世話をしていました。猫以外にもメダカの世話もしてました。
ノルウェージャンフォレストキャット

東扇島西公園の猫達

東扇島には東公園、北公園、西公園と三つの公園があり、猫の棲み家は西公園です。西公園は猫より圧倒的に釣りで有名で、"東扇島西公園"で検索すると釣りのサイトが殆どです。私が訪れた5月8日平日にも拘わらず、大勢の釣り人が西公園に訪れていました。
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました